FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団自由人会「ふることふみ」芸文センター公演を観劇。



「ふることふみ」つまり古事記なんだけど、こんなとてつもない神話…。壮大で、ハチャメチャで、かつアレルギーな題材。さ、どう舞台化するのか。興味深々。

71名のキャストと30名に及ぶスタッフ陣。

幕開き。舞台上手・下手に稗田阿礼(ヒエダノアレ)と太安万侶(オオノヤスマロ)が立つ。古事記は稗田阿礼の語りを太安万侶が筆写したと伝えられるので、この二人を狂言まわしにしている。演出、なるほど。
お話はイザナキとイザナミによる天地の始まり淡島の誕生から神々の創生、火の神ヒノカグツチとの戦い、イザナミを追って黄泉の国めぐり、そして2幕からイザナキの子、アマテラスオオミカミとスサノオが中心となり、高天原の暗黒、天岩戸、出雲の大蛇退治とスペクタクルな展開となっていく。

今回の舞台は大蛇を退治したスサノオとアシナズチの娘クシナダヒメが結ばれたところで大フィナーレとなる。古事記の上巻の約三分の一であった。休憩入れて2時間15分。注目の大蛇(ヤマタノオロチ)は石見神楽のホンモノ。

神様が次々と出現し、天衣無縫というか支離滅裂なる日本神話だが、無理やり繋がる話なのにすごく面白いのだ。それに木村知之さんのオリジナル曲と、音響効果、スモーク、照明、ドライアイス、でかい多くの装置展開の中、ベテラン、新人役者が鋭い角度のセリフを吐く。スーパーロマンテックシアターや。

私、古事記など中学生程度の知識しかないのにこの芝居、スッと身近く入ってきた。多少稽古不足?も感じたが、カーテンコールの大きな拍手はこの公演の大成功を表していた。
それにしても、日本の神話、意外に舞台向きかも、と思ってしまう。かって「日本誕生」という映画を見た記憶があるけど、生の舞台で見るスペクタクルは映画より「お得な感じ」するのが案外、現代に生きる人かと。

昼・夜の2回公演。私はどちらも観劇。客席は共に7割6分くらいの入り。平日としては上々。

劇団自由人会は今回の「ふることふみ」に「愛と冒険の物語」とキャッチコピーを付けた。古事記といっても日本人の祖先が連綿と語り継いで来た架空話の部分であり、古事記編纂の成立事情、国家統治と政権の正当性、民衆の教化など一切暗示もされない舞台であった。そして、演出ふるかわさんの言葉、「このお芝居を見る若い人々に、--どうもピンとこなかった--とは言わせぬつもり」が、かっこいい言葉になった。

聞くところ、続編の企画もあるとか…、ならばいっそ、劇団自由人会の「私達版・逆三角形の日本神話」を創作されたら…。ト。期待。

次回「ふることふみ」公演は2012年10月13日(土)18:30~開演。
淡路夢舞台・野外劇場

(管理人・M・Y)
スポンサーサイト

やったね。 道化座!

東日本大震災から早くも半年近くが経過しました。兵劇協に集う各劇団も様々な形で支援の義捐金活動を展開しているようですが、困難な状況の中での「演劇の力」をまざまざと見せつけられた公演がありました。

8月23日、兵庫県芸術文化センターにおける劇団道化座「父と暮せば」。ヒロシマ原爆から生き残った娘・美津江の苦悩を描く井上ひさし氏の名作。道化座では<ともに生きよう!!>をサブコピーにし、原爆、阪神・淡路大震災、そして今年の東日本大震災へと繋がる大きなテーマとして、上演しました。

果たして平日にもかかわらず中ホールはぎっちり満席。
何より、観客のレスポンスの良さ。ざわつき、笑い声、すすり泣き、そして緊迫感までが伝わってきます。この感覚は久しぶりのような気がしました。これこそライブです。
観客のこの反応の良さは、「今、この芝居が観たかった」という客席の意識とそれにきっちり応えた役者・スタッフの力なのでしょう。終演時、鳴り止まぬ拍手に、しばし呆然と客席を見渡し言葉を詰まらせた竹造役の牛丸裕司さんと美津江役の松澤ふゆさん。ホント、こちらもうれしかった。長く大きく温かい拍手だったよね。

終演後、ホワイエでの東日本大震災被災地への募金呼びかけに大きな人だかり。失礼ながら覗くと千円札も一杯。震災から半年、今まであちこちで様々に協力してこられたと思いますが、さらに、さらにと支援の気持ちが重なって。この芝居をちゃんと受け取られた人達の共感・心意気でしょうか。演劇の役割、今更ながら逞しく大きいと再認識した公演でした。(M・Y)

劇団四紀会「オズの魔法使い」観劇記

劇団四紀会「オズの魔法使い」観劇記です。

聞けば予定の9ステージ、早々と予約が満席となり、2ステージを追加。それもほどなくSOUL'd OUT。
勿論、「オズ…」の知名度のせいもあるだろうが、劇団の地域コミュニケーションの成果や、WEBを利用しての「当日精算方式」など観客の利便性を考えたチケット販売も一因として考えられる。「知名度」というが、要するに「伝える力」が大きければ、メジャーなものでなくても人は来てくれる。「芝居」はそんなに簡単に捨てられるものでは、ナイと。

で、私は初日の西区民センターで観劇。
家族劇場ということで、通常のシリアスな空気はなく、子供が走りまわっとる。開放的。こりゃ役者、条件キビシーよね。ところがミュージカル仕立てとピアニカの生演奏やキャラの分かりやすさで、チビっ子どもは舞台にグンと集中。魔女役のベテラン女優陣のおとろしさ、魅せるかかし役、具志巴人さん、舞台度胸満点の小学生吉谷クン。初舞台という主役ドロシー役の西江さんがどんどん元気つくのが分かる。
そして神戸演劇界の長老、榊原大介さんがオズ役で登場。これ、私にはプレゼントみたいな感じだったな~。味わい深い…。
5つのエピソードを原作とおりに運び、退屈させることなく見せきって終演。
終演後の小さなサプライズが子供達を舞台に上げての記念撮影。うん。これは受けてた。舞台が一杯になったよ。

いわゆる「新劇」とは違う演目をそれなりに完成させてしまう劇団四紀会。心強いが、ひとつだけ。欲を言わせて。サプライズは大切。子供達に次回への期待を持たせる大きな要素。出来れば舞台演出の中でこそ驚く仕掛けを見せてほしかった。ト。

(とりあえず管理人)

観劇記・劇団どろ「受付」

28日、劇団どろのアトリエ公演「受付」を観ました。

私、劇団どろさんの芝居は20年以上のブランクがあります。また「受付」という脚本についても予備知識はありません。別役実さんについては=不条理演劇という大雑把な知識がある程度です。そんなツウでもない男の観劇記。

どろさんの新しいアトリエ。ず~っと昔に行った大開通りの怖い稽古場と違い、鉄人28号像から南へ一直線、新長田アスタくにづか5番館!2階の広い一室。
50席くらい?が満席になりました。約20分のピアノ演奏のあと「受付」が開演。

上手に机。「受付」というプレートとダイヤル式電話機、筆立てなどが置いてあり、女が座っています。そこへ男。会話の中でここは神経クリニックとわかりますが、受付の女は男をきちんと「受け付け」ず、カンポジアやらバングラデシュへのカンパ、角膜移植、献体等を次々と勧めます。え?混乱と不安、理不尽に追い詰められる男…。

なるほど不条理でブラックな劇ですが、セリフは軽く日常的。ストンとこちらに入ってきます。客席の反応も極めて良く、冒頭から大きな笑い声が続きます。舞台主役二人はウケに励まされるようにドンドンはまってゆきますが、ウケるからといって悪乗りすることはありません。
気がつけば女役・ななしの康子さんの淡々たる芝居と男役・北勝成さんのフツーでシャイな演技が妙な現実感を醸し出し、キチンと「受付」成立となりました。

「どろんこ塾修了公演」ということでした。失礼ながらうまい俳優さんとは言いませんが、お二人とも素の味わいは深く、何よりキッチリ魅せました。この芝居、テンション上げてドタバタ風に仕立てる劇団もあるでしょうが、私はこの「淡白でシリアスな味」が好きです。これが合田演出なのでしょうか。

午後10時、不思議な余韻で家に帰るとテレビで「沖縄普天間基地問題」のニュース。
デジタル・ネット時代。社会の上澄みは変わっても、まるで変わらない政治そして日米安保…。私たちはほったらかしにしてただけなんですね。

劇団どろとリアリズム演劇。ほったらかさず45年…。新しいアトリエからの歩みが始まっています。

by とりあえず管理人
プロフィール

ヒョウゲキキョー

Author:ヒョウゲキキョー
  
兵庫県劇団協議会のブログです。
2010年現在12劇団が参加しています。直近の公演のお知らせ、役者の稽古場リポート、観劇の感想、ひとりごと等をごっちゃり掲載される予定…デス。
閲覧された方もどんどんコメントくださぁ~い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。