FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団四紀会「オズの魔法使い」観劇記

劇団四紀会「オズの魔法使い」観劇記です。

聞けば予定の9ステージ、早々と予約が満席となり、2ステージを追加。それもほどなくSOUL'd OUT。
勿論、「オズ…」の知名度のせいもあるだろうが、劇団の地域コミュニケーションの成果や、WEBを利用しての「当日精算方式」など観客の利便性を考えたチケット販売も一因として考えられる。「知名度」というが、要するに「伝える力」が大きければ、メジャーなものでなくても人は来てくれる。「芝居」はそんなに簡単に捨てられるものでは、ナイと。

で、私は初日の西区民センターで観劇。
家族劇場ということで、通常のシリアスな空気はなく、子供が走りまわっとる。開放的。こりゃ役者、条件キビシーよね。ところがミュージカル仕立てとピアニカの生演奏やキャラの分かりやすさで、チビっ子どもは舞台にグンと集中。魔女役のベテラン女優陣のおとろしさ、魅せるかかし役、具志巴人さん、舞台度胸満点の小学生吉谷クン。初舞台という主役ドロシー役の西江さんがどんどん元気つくのが分かる。
そして神戸演劇界の長老、榊原大介さんがオズ役で登場。これ、私にはプレゼントみたいな感じだったな~。味わい深い…。
5つのエピソードを原作とおりに運び、退屈させることなく見せきって終演。
終演後の小さなサプライズが子供達を舞台に上げての記念撮影。うん。これは受けてた。舞台が一杯になったよ。

いわゆる「新劇」とは違う演目をそれなりに完成させてしまう劇団四紀会。心強いが、ひとつだけ。欲を言わせて。サプライズは大切。子供達に次回への期待を持たせる大きな要素。出来れば舞台演出の中でこそ驚く仕掛けを見せてほしかった。ト。

(とりあえず管理人)
スポンサーサイト
プロフィール

ヒョウゲキキョー

Author:ヒョウゲキキョー
  
兵庫県劇団協議会のブログです。
2010年現在12劇団が参加しています。直近の公演のお知らせ、役者の稽古場リポート、観劇の感想、ひとりごと等をごっちゃり掲載される予定…デス。
閲覧された方もどんどんコメントくださぁ~い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。