スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い込み

毎度お世話になります。
劇団風斜の寺川昌宏でございます。
僕からも、駄文ですが、投稿させていただきます。

----------

「ピビンパウェディング」は、ホント連日、平日休日関係なく稽古しております。
なので時間がけっこうあるもんですから、演出の鄭義信さんはニコニコしながら

「じゃ、こんなことしてみようか」

とアイデアをどんどん投入してきます。
ところが、そのアイデアの中には、演者自身には

「なんでそんなことさせるの!?」

と思えることが入ってきます。
僕も、いつもは冷静沈着なのですが、慣れない暑苦しい演技を要求されて、戸惑ってばかりいます(→そこの共演者、笑わないの)
でもこれが周りには

「それそれ! あなたがやるから面白いんよ!」

と見えることばかりなんですね。



“演出がアイデアを投入してくる”というのは、演者の思い込みや癖を取り除き、真にキャラを舞台上に立たせるためのものなんです。

日常でも、
「あなた、これやってみなさいな」
と課題を与えられると、たいがい一度は
「いや~、出来ませんよ」
と拒否してしまうこと、ありませんか?。
でも「出来ない」と思ってるのは言われた本人ばかりで、周囲はある意味確信的に「出来る」と見えているものなのです。

演技は、決して遠いものではなく、自分の中に可能性を見出す作業なんや、と改めてこの稽古で感じさせてもろてる、今日この頃でございます。

ピビンパ稽古場日記 ~ちょっと一息~

引き続き、よっこです。

一昨日は見学のお客様も大勢いらっしゃいました。
神戸演劇鑑賞会の皆様、あやちゃん(ピビンパファミリーりえちゃん応援隊だそうです)・・・。

皆様から、いっぱい差し入れをいただきました。
さらに!
ピビンパファミリーまりちゃんからもおにぎり、ししゃも、卵焼き、ハンバーグ、他おかずいっぱいのありがた~い差し入れが!

IMG_0614.jpg 差し入れ1

ごちそうさまでした

                                      よっこ

ピビンパ稽古場日記 ~振り付け!~

はじめまして!
「劇団ここから」の‘よっこ’こと田口陽子です

毎日、飛び散る汗と爆笑の渦の中で、熱い熱い稽古が行われています!

一昨日は、ピビンパファミリー中ちゃん所属の県立ピッコロ劇団より小安展子先生が振り付け指導に来て下さいました。
指導してもらうのは、黄色幸せ応援隊 ←詳細は、ひ・み・つ

IMG_0604_20140723100457fd1.jpg


約1時間にわたる振り付け指導に汗だくで挑んだ幸せ応援隊。
一段とパワーアップした楽しいシーンになりました
ぜひぜひ、会場まで足をお運び頂いて、彼女たちのHappy Dancingをお楽しみ下さい!

                                            よっこ

HOW ABOUT "PIBINPA-WEDDING"?

hey,brother what's up?
やあブラザー、調子はどうだい?
I'm shigeru izutsu from KDC,please call me "Shigeru chang"
オレは神戸ドラマ倶楽部のシゲル・イヅツだ、シゲルちゃんって呼んでくれよな
you may be tired out by hot sumer isn't it?
暑さでバテバテじゃないかい?
talking of hot ,now where do you know hot place more than Texas or California?
アツいといえば、今テキサスやカリフォルニアよりアツイ場所があるのを知ってるかい?
It's the K.A.V.C(Kobe Art Village Center)!
それは神戸アートヴィレッジセンターさ!
so,Kobe where is famous for "KOBE BEEF"
そう、コーベビーフの神戸さ
we'replaying the comedy "pibinpa-wedding"at K.AV.C. on August 7th,8th,9th,10th.
8月の7,8,9,10日にコメディショー「ピビンパ・ウェディング」が公演されるんだ
do you know "pibinpa"?
「ピビンパ」ってどんなものか知ってるかい?
pibinpa is Korean soul food.
ピビンパってのは韓国のソウルフードさ
it's rice,meat and vegetables in bowl made stone! just a rock food!!
コメと肉と野菜をなんと焼けた石のボウルに入れたまさにロックな食べ物なんだ
besides,the manner of eating is funky.
さらにファンキーなことはその食べ方さ
you mix the ingredients like scramble egg and burn the rice by heat in the bowl
コイツをスクランブルエッグのごとく混ぜて焼けた石の熱でコメを焦げ付かせるんだ
then,rice becomes crispy.so taste is good.
そうすることで、コメがクリスピーになってウマイんだぜ
umbelievable for Americans who think rice food is gruel.
コメはオートミールのオレたちからしたら、信じられないだろ?!
such scrambles will happen at stage without break.
そんなスクランブルがノンストップで起こるらしいぜ
please watch "pibinpa-wedding" because that satisfy men and women of all ages.
誰でも楽しめるから見に来てくれよな!
but my boom is fried rice…
でも、オレが今ハマってるのは炒飯なんだけどな…

ピビンパ稽古

こんにちわ こんばんわ おはようございます
初めまして! 劇団どろ の もりあいわ です。

稽古が毎日楽しくて幸せです。
どんな場面も面白く 鄭さんのこだわりがあるので凄い楽しい稽古場です!


稽古仲間はみんな素敵なので大好きです!
好きにならないのは無理。みんな素敵で最高です。

早く沢山のお客様に会いたいな。
緊張するけど 楽しみです。
みんな頑張っていますので是非、お時間ございましたらお越し下さい。

ピビンパウェディング稽古日記 7月17日


このシーン、なんとTAKE20くらい。
階段登る一歩ずつ、役者のポーズひとつずつを、チョンさんのアイデアとそれを受けた役者のノリで変えていきます。
「なんどもすみません」と言いつつ、納得いくまで何度でも試すチョンさんです。
それにしても、ちょっとさわるだけで、たちまち笑いが生まれる不思議。
自分の出番があってもなくても、シーンが一つ一つ生まれるのをみんなで見守っている(息をつめて、あるいは大笑いしながら)感じが楽しい毎日です。
                                           ねこ(神戸ドラマ倶楽部)

姫路の『劇団プロデュースF』公演情報

小林みね子、芦田檀『ピビンパウエディング』に出演致します。

プロデュースFでは、毎年夏に『あの夏』シリーズとして、原爆のあった広島長崎についての朗読劇を行っています。

被災者の書いた原爆詩の朗読

峠三吉さんの詩の朗読

そして今年は『はだしのゲン』の紙芝居をもとにしました。

プロジェクターで紙芝居を映し、そこにナレーションとそれぞれの役を決めたキャストの声がつきます。

劇団のホームページでキャストを募集したところ、たくさんの若い方から応募がありました。

ただいま演出のひさたにとしかずを中心に、稽古中です。

中沢啓治作、絵

公演日時 9月13日(土)19時半
9月14日(日)14時 16時半
9月15日(月)14時

場所 プロデュースFアトリエ
姫路市本町233岸田ビル3F

チケット代金 一般 1500円
高校生以下 1000円

予約079-285-2884

よろしくお願いいたします。

ピビンパウエディングお稽古風景

姫路の劇団プロデュースFの芦田檀です。

早くもお稽古15回目です。

最初に演出の鄭さんから、それぞれあだ名で呼びましょうと提案がありました。みんなかわいい名前をつけて、あちこちで、まりちゃん、いまぴー、マッキー、やはたん、中ちゃん、ぴくみん、ねこちゃん、りえちゃん、ちっくん、グッシー、寺兄、
しまとも、ええと、もっとたくさんおりますが、まあ、こんな感じで呼びあっております。

毎回お稽古の前に、ピッコロ劇団の中ちゃんがインストラクターとなって、ヨガを取り入れたストレッチをします。とても気持ちいいです。みんなどんどん柔らかくなってきてます!

そして、いよいよお稽古。プロで活躍し数々の賞を受賞された鄭さんの書き下ろしの台本!演出ですから、わくわくどきどき。

内容が楽しく、演出も台本をより笑えるようにするのですから、稽古場には笑いがあふれています。

こんなに楽しいお稽古ははじめて。このまま楽しいはずはない。そのうち厳しくなるのかな?と思いきや、未だに楽しいんですけど?

自称「アジア一しつこい演出家」だそうです。

動きの激しいシーンでこだわる事が多いので、こだわられた役者さんは汗だくです。

「寺兄、着替えのシャツを持ってきておいたほうがいいよ」と優しくてアドバイスしてくれます。まだまだ汗をかかせる気でいるようです。

寺兄は、帰りの電車のホームで、ビールで水分補給をしておりました。まあ、若くてかわいい『もりあいわちゃん』と結婚できる役ですからね。役づくりのため、普段からあいわちゃんとコミュニケーションをとれるという役得付いてますから、がんばって下さい。

最年長の大西さんは、紫綬褒章を取った脚本家の作品さえも書き直させてしまうという、アドリブを次つきに飛ばします。台本が覚えられず苦し紛れにでてくる言葉がおもしろい。

昨日から「しらんがな!」この一言の破壊力。その存在感。衣装も自分で羽織袴と決めていました。

わたしは『しあわせ応援隊』かわいい中年女性3人が選ばれました!てんとう虫の着ぐるみを着て、歌い踊ります。衣装さんが着ぐるみを現在作成中。ダンスは殺陣師がつけてくれます。いいでしょう♪













オーディション情報

劇団自由人会

2014年度 学校巡演キャスト&スタッフオーディションを開催決定!

第1次 2014年2月15日(土) 14:00~16:00予定
第2次 2014年3月 1日(土) 14:00~16:00予定
どちらかの日程をお選びください。

場所:劇団自由人会 舞子スタジオ

締切 2/10(月)

詳しくはこちらをご覧ください☆
オーディション詳細
2014オーディションチラシ
2014オーディションチラシ

感動作「知覧のさくら」

みなさんお待たせしました!
あの感動作“知覧のさくら”一般公演決定しました!


劇団自由人会公演
「知覧のさくら ~未来の僕たちへ~」

日時:2013年8月30日(金)
   14時 開演/18時 開演

場所:兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター大ホール

料金:前売 3500円 当日 4000円

7月1日よりチケット発売開始です!



~物語~
1941年12月、日本海軍が真珠湾のアメリカ海軍基地へ奇襲攻撃をかけ、大東亜戦争の火蓋はついに切って落とされた。その後、日本軍は東南アジアの国々を破竹の勢いで進攻し、大戦果を収める。しかし、次第に連合軍の強大な戦力に押され、戦局は次第に悪化していく。この劣勢を一挙に挽回すべく、日本軍は戦死前提の捨て身攻撃“特攻”を敢行する。本土最南端の知覧飛行場が最前線特攻基地となり、そこへ日本各地から二十歳前後の若者が続々と集結した。機体の下に爆弾を搭載し、敵艦船めがけ飛行機ごと体当たりして自らの命と引き換えに轟沈させる必死の特攻。一度基地を飛び立ったが最後、二度と戻ることはない不条理な作戦の中に、若き特攻兵達は自らの命の価値を問い直していた。
「あした俺、帰ってくるよ。俺、大きな蛍になって、帰ってくるからな」
そう言い残し、笑顔を浮かべ南の雲間に消えていく若き特攻兵達。今まで生きてきたことの意味、そしてこれから生き続けたであろう命の価値を、若き特攻兵達は不条理な時代の暗闇の中で、自らに問い続けた。そして見つけた、人生の真実とは。
プロフィール

ヒョウゲキキョー

Author:ヒョウゲキキョー
  
兵庫県劇団協議会のブログです。
2010年現在12劇団が参加しています。直近の公演のお知らせ、役者の稽古場リポート、観劇の感想、ひとりごと等をごっちゃり掲載される予定…デス。
閲覧された方もどんどんコメントくださぁ~い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。